« 全道大会① | トップページ | 全道大会 最終 »

全道大会②

全道大会の記事の続きです。

初日は開会式でした。独特の雰囲気。どのチームも6年生にとっては最後。地区の代表としての立場。いろいろな思いが交錯する中でも、フリースロー大会などのアトラクションが緊張をほぐしてくれたようでした。僕も打たせてもらったんですが、フリースローは2本とも落としました笑 練習しとけばよかったです。

さて、翌日の澄川南さんとの試合。いろいろと事前にチームの話は聞かせてもらったのですが、共通していたのは「とても力をつけている」ということでした。優勝してもおかしくないという評価でした。

『バスケットは3ピリ』ですが、ミニバスケットに関しては『1ピリが重要』だと。

この試合も1ピリで6点のビハインドでした。この部分は、自分のチーム作りの改善点だとはっきりと思います。

3ピリからの巻き返しを図りましたが、ほぼ互角の展開でスコアが伸びず、5点差で敗れました。澄川南さんは、素晴らしいチームだったと思います。能力ももちろんでしたが、このプレーでスコアがとれるというのが明確でした。

この試合を終えて、決勝リーグ進出という目標は達成できないという諦めの気持ちしか持てませんでした。「明日の試合は、とにかく自分たちの試合をして終えよう」としか選手にも伝えられませんでした。

しかし、この日の東相内さんと澄川南さんのゲームが大波乱になりました。とにかく東相内さんのゲーム前の雰囲気が明るい。ああいうチーム作りってすごいなと思いました。とにかく前向きな雰囲気なんです。「試合を楽しもう」そういうオーラでした。

ゲーム開始。東相内さんのキャプテンが水を得た魚のようにプレー。ほかの選手もそれに引っ張られる形でナイスプレーを連発し、20対5。ベンチも大盛り上がり。

2クォーター以降は防戦一方の展開でしたが、要所でシュートを決めるなど、追い上げられながらも決してリードは許さない展開でした。夏休み明けにもゲームをさせてもらったのですが、一人ひとりの選手が成長しているのがはっきりと感じられました。そして、最後の最後までどちらが勝つかわからない展開でしたが、2点差で東相内さんが勝利しました。この結果により、中富良野1敗。東相内さん1勝。澄川南さん1勝1敗。 次の日の中富良野 東相内さんのゲームによって決勝リーグ進出チームが決まる流れになりました。いずれにせよ 中富良野が一番厳しい立場なのは変わりませんが、本気の試合をもう1試合させてもらえるという感謝の思いがまず湧いてきました。

« 全道大会① | トップページ | 全道大会 最終 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094783/49079913

この記事へのトラックバック一覧です: 全道大会②:

« 全道大会① | トップページ | 全道大会 最終 »