« お勧めの書籍1 『勝負哲学』 | トップページ | スリッパの埃 »

おすすめの書籍2『人生で最も大切な101のこと』

 野村克也監督が50年以上の野球理論から導いた「人間学の集大成」と帯に書かれています。読んだ感想としても、「ぎゅーっとつまっているなぁ」の一言です。自主性をいかに伸ばしていけるのかということが個人的に最も頭を悩ませているテーマの1つです。いわゆる「練習とは、上達しようとする意思の・・」、「やらされる練習は・・」です。この本では、36番目の、「なるべく教えるな・・・・」、31番目「言葉を大切にすること・・」13番目「練習のための・・」などにそれらを解決していくヒントがあるだろうと個人的に感じました。

人間的な成長とスポーツの上達は切り離せないということがはっきりわかる本です。だからこそスポーツ指導って終わりがないのでしょうね。絶えず「どうしたらいいだろう?」、「これでいいのだろうか?」ということが頭から離れないものです。

« お勧めの書籍1 『勝負哲学』 | トップページ | スリッパの埃 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おすすめの書籍2『人生で最も大切な101のこと』:

« お勧めの書籍1 『勝負哲学』 | トップページ | スリッパの埃 »