« 3月は去る | トップページ | 生かされている »

一度きりの人生をどう生きるか

今回の震災を通して、被害のほとんどなかった僕らにつきつけられたテーマの一つです。

1 悔いなく生きなければならない。その努力を怠ることは許されないと思う。

2 しっかりとした準備をしなければならない。

3 困っている人には最大限の手助けをしなければならない。

4 諦めてはならない。

5 今を生きなければならない。

6 苦しい時こそ前向きに、笑顔で乗り越える義務がある。それは、豊かさの中で見失いがちになることの一つだと思う。理不尽に何の落ち度もなく、命がなくなる人がたくさんいた中で、生きてる自分に突き刺したい言葉です。7 感謝の気持ちを忘れてはならない。

8 誰かのために生きる人生でありたい。

9 日本は、やはりいい国ある。誇りをもちたい。

10 生きているというより、生かされているんだと思う。


脈絡なく書き綴りましたが、本当に肝に命じて生きていかなければと思います。

« 3月は去る | トップページ | 生かされている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一度きりの人生をどう生きるか:

« 3月は去る | トップページ | 生かされている »