« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

シュートフォーム

バスケットボールは、簡単に言うと、リングにいかに多くボールを通すかということを競い合う種目です。

ですから、いかに正しくシュートフォームを身につけさせるかということが非常に大切です。間違いなく中学までに正しいシュートフォームを身につけた子は、その後の競技生活での大きな財産になります。そして、理想を言えば一万本程度の打ち込みをしたいところです。一日百本で百日。朝練ができる環境であれば、無理のない形で取り組める数字です。

基本的に僕のシューティングフォームの考え方は、元全日本のシューターの池内さんにクリニックで教えていただいたものです。プリントしたものもあり、その考え方は理にかなっています。


ただ最近 気づいたことは、「肩が強い子は必ずシュートがうまくなる」ということです。今まで見てきた子たちを見ても例外なくあてはまります。特に今年度の副キャプテンは、シュート力について間違いなく全道レベル以上のものをもっています。

そしてやはり肩が強いんです。


構え方、リリース、足の使い方、スピンだけでなく、肩を中心にして、ボールをリリースしていくという動きが一つポイントなのではないかと思っています。最近購入した指導書もそのことについての解説があり大きな参考になりました。

もう一つ、鏡やビデオなどを使って自分の体の使い方を意識させていくという方法も非常に有効です。このことについては、近いうちに取り組んでみたいなと思っています。

ATBチャレンジマッチ

三連休にATBチャレンジマッチに参加させていただきました。

今の中三の子たちから数えて四回目になります。

千代田の石川さんの人望によって素晴らしいチームばかりが集まりました。また、千代田育成会の方々もミニバスに関わる子ども達のためにという視点で大会運営していただきました。重ね重ねありがとうございました。

中富良野結果は四勝二敗。

収穫もあったし、課題もはっきりしました。

全道、全国を本気で目指している指導者や選手たちにも出会えることができました。

チームとしては回り道をしてきた部分があるのが事実です。しかし、必ずそのことに意味があるはずだし、大切なことは今に最善を尽くすことです。
六年生にとって最後の舞台である選手権。
妥協なくいきます。
ここらは、選手たちにも本気で勝つことにこだわってもらいます。
勝つべき相手は僕の叱咤と一人ひとりの心の弱さです。

努力 奮闘 誠なれ

練習試合 20 21 22

前の記事を書いた10月2日に札幌平岡中央さん、富良野さん、美瑛さんと練習試合をしました。
昨年度はインフルエンザの影響で平岡さんが残念ながら中富良野に来れなかったので、今年はその影響がなく来て頂けただけでありがたかったです。
様々なチームを見るだけでも勉強になり、刺激を受けるものです。
(選手にもそうであって欲しいなあ)
平岡さんは、前評判通り素晴らしいチームでした。各ポジションにバスケットのできる選手が揃っていました。特にインサイドの選手がシンプルに力強いプレーをこなしていたのが印象的でした。丁寧に時間をかけて指導されていたのだと思います。

「指導の成果を焦らない。」

来年もぜひぜひ中富良野へいらしてくださいね!

練習試合 16 17 18 19

九月の三連休に美瑛スポセンで交流戦に参加させていただきました。全四試合。 主力に体調不良者が続出していたので一つのクォーターは、オール四年生。北空知の強豪 滝川西さん、妹背牛さんともゲームをさせていただきました。

いろいろと考えるところもありました。

指導者としても完全にぐちをつぶやくだけのベンチワーク。完全なる失格。指導しきれていない(身につけさせていない)自分への苛立ち。

ほとほと疲れきったなというのが正直なとこでした。


« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »