« 歌声 | トップページ | 練習試合11 12 »

情熱をもらえた

夏休み最終日、札幌山の手高校の上島監督の小、中学生の女子を対象としたシューティングクリニックに参加してきました。

モデル選手は、全国優勝を成し遂げた山の手の選手たち。説得力が違います。

選手たちの印象は、予想とは違い、強さというより柔らかさ、しなやかさが際立った感じでした。『一つひとつのプレーが美しい。』そう強く感じました。

また、上島監督の技術指導のポイント。
高校生だけでなく、小学生にもわかりやすく、その丁寧さがとても勉強になりました。
全国という舞台で幾度となく失敗や成功を重ねて来られているだけありその重みがひしひしと伝わってきました。同じことを僕が言ったとしても伝わらないだろうと思います。

クリニックの内容とは関係ないのですが、全道各地から本当に尊敬できる情熱のある指導者の方々といろいろとお話ができました。


いやー 自分も頑張らなくちゃ 『よし』と奮いたつ気持ちが沸いて来ました。夏休み最終日。情熱をもらうことができました。


« 歌声 | トップページ | 練習試合11 12 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情熱をもらえた:

« 歌声 | トップページ | 練習試合11 12 »