« 北空知交流リーグ | トップページ | 宮里藍選手の苦悩と栄光2 »

宮里藍選手の苦悩と栄光1

ゴルフは全く見ない僕ですが、昨日、宮里藍選手のインタビューを見ました。日本で数々のタイトルを手にして、渡米。その後、アメリカで優勝するまで四年間かかったそうです。あれだけのスターが四年間もです。

渡米してから大会という大会ほとんどが予選落ち。
アメリカの選手とドライバーの飛距離が全然違ったそうです。いかにドライバーの飛距離を伸ばすかということを考えて練習に励んだそうです。いくら練習しても全く追いつかない。他のショットもリズムを壊し、極度のスランプが続いたそうです。ドライバーを見るのも怖くなり、涙の毎日。また、宮里選手は、『ゴルフは辞めたくないけれど自分にはもう限界なのではないか。』と、ゴルフを引退することも考えたそうです。


そのような闇の四年間からどのようにして立ち直ったかは続きに書きます。

« 北空知交流リーグ | トップページ | 宮里藍選手の苦悩と栄光2 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮里藍選手の苦悩と栄光1:

« 北空知交流リーグ | トップページ | 宮里藍選手の苦悩と栄光2 »