« 考え方(1) | トップページ | 選手権大会3(二日目) »

選手権大会2(一日目)

【一日目】
開会式に全員で参加。総合体育館。今までとは雰囲気が違います。その後、大有小の体育館をお借りしてお昼まで練習。
試合は、3時からでした。長い一日です。総合体育館に戻り、対戦相手の忠和さんのスコアを見ると、・・・なっなんと123対1で一回戦を 勝利しています。
『これは、やばい』 と感じました。
いよいよゲームです。
忠和の選手達、かなり落ち着いています。選抜で一緒だった子たちも慌てるプレーがなく、オフェンスリバウンドなど積極的です。こういう動きをしているからシュートもよく入りました。一方、中富良野。がちがちのがちがち。表情の固さが尋常ではありません。青白くなっていました笑
常にビハインドの展開。
三クォーター終了時、9点のビハインド。
流れが掴めそうな雰囲気も全くありませんでした。
ここからは、あまり記憶がありませんが笑、ディフェンスを頑張り、なんとかオフェンスでファールをもらうという流れでした。違ったかな?
奇跡的に39-39の同点に!そしてタイムアップ。
延長戦です。

延長戦でヒーロー?ヒロイン?が生まれました
練習中、『お前なんて帰れ!』という叱咤に対して、本気で帰ったあやね選手です。(六年生がとめに行きましたが。今やこの話は中富良野の伝説になりつつあります。笑)
気持ち強いんですよね。この場面は、あやねだと思いました。

激しいプレッシャーから、相手のトラベリングを誘い、自らもエルボーにミートしてジャンプシュートを決めてくれました。本当にビッグプレーでした。
結果的に、4点差で勝利することができました。試合終了のホイッスルが鳴った時、崩れ落ちました。
95%負け試合でした。忠和の選手たちのパフォーマンスは、本当に素晴らしかった。特に、めい、あかり。選抜で一緒に闘った仲間として君たちの成長を見れたことは、本当に嬉しいことでした。

« 考え方(1) | トップページ | 選手権大会3(二日目) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手権大会2(一日目):

« 考え方(1) | トップページ | 選手権大会3(二日目) »