« 約束 | トップページ | 学校再開 »

『解夏』

『解夏』のDVDを見ました。いやー面白かったです。
主人公である小学校の先生が、徐々に視力を失う病であるベーチェット病を発症し、愛する人との関係に揺れ動く内容です。
『愛するからこそ一緒にいたい。』、『愛するからこそ別れたい。』。石田ゆり子ファンだからこそ、さらに心に沁みました。笑
その映画にとても印象的なシーンがありました。
それは、ベーチェット病を発症した男性と主人公が会話をする場面です。その男性はこう言いました。『失明をして困ったことはただ一つだけです。』
なんだと思います?
それは、『朝、歯を磨くときに歯ブラシに歯磨き粉が付けれない。』ことだそうです。
ただこれもたった一日で解決したそうです。『歯磨き粉を歯ブラシに付ける。みんなこうしなければ歯を磨けないと思っている。しかし、それは違う。最初に歯磨き粉を口に付ければ解決する。』
普段当たり前と思っていること。それが当たり前なことだとは限りません。『解夏』お勧めです。

« 約束 | トップページ | 学校再開 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『解夏』:

« 約束 | トップページ | 学校再開 »