« 喜久泉 | トップページ | クリーナー »

須藤元気さん

昨日、テレビに須藤元気さんが出演されていた。
僕が、須藤さんを初めて知ったのは映画『狂気の桜』だったように思う。それ以来格闘技の試合で何度も見てきた。(確か今は母校のレスリングの監督をされているはずだ。)彼の生き方や考え方に非常に引き付けられる所がある。
テレビの中で須藤さんは、『人生における唯一の真実として、自分が放ったものや与えたもののみが返ってくる。』と言っていた。彼は毎朝30分瞑想した後に、ありがとうを百回言っているそうだ。

« 喜久泉 | トップページ | クリーナー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「わたしは、一日100回は自分に言い聞かせます。

 わたしの精神的ならびに物質的生活は、

 他者の労働の上に成り立っているということを」

By アルベルト・アインシュタイン


人が生きていく上で、あらゆる物・人・環境に

感謝することはとても大事なことですね。

身の回りにある物、どれ一つをとっても

人の手によらない物はないのですから。

スポーツの世界もまた同じ。

感謝の気持ちは何より大切ですね。


変幻自在のトリックスター・・・

深いですね!

白鳥さんコメントありがとうございます
アインシュタインもですか。
偉大な人は、何か共通して同じ考えをもっているのかもしれませんね。
トリックスターの入場パフォーマンスとても好きでした笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須藤元気さん:

« 喜久泉 | トップページ | クリーナー »