" />

« シルバーウィーク | トップページ | バスケ談議 »

人のために頑張れる生き方

自分のために頑張るより、人のために頑張るほうが力が出ます。
人のために頑張れるのがいい人間です。ミニバスを指導する中で、最近頭から離れません。
チームのために自分を犠牲にする。小学生には、難しいかもしれません。しかし、派手なシュートではなく、一つのボックスアウト、一つのルーズボール、一つのカッティングを徹底する。その考え方の根底にあるのは、チームスピリッツであり、自分を犠牲にする精神です。(その頑張りが、自分に返ってくる。認められる。)
技術だけの指導では、絶対に隙が生まれる気がしてなりません。考え方を教えていかなければ、目に見えにくい技術(技術より気持ちのウェイトが大きい種類)は本当の意味で身につかないと感じます。
一つのボックスアウトを通して、生き方を教えられるようになりたいと思います。

« シルバーウィーク | トップページ | バスケ談議 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにお邪魔させて頂きます。

子供って『派手なプレー』を好みます…
成功した満足感ってバスケ以外でも凄い自信に繋がり素晴らしい事かと思います!!

反対に『地味なプレー』の大切さって…大人には理解できますが…
ナカナカ子供達の心には響かない事かもしれませんね…

『地味なプレー』でもチーム全体で喜び盛り上がれる気持ちがあれば~無敵で~す(笑)

そ~言えば『4番』の子の怪我の具合はいかがですか?

みなみさんコメントありがとうございます
地味なプレーの大切さがわかってくるのはジュニア以降だと思います。でも指導している以上は、そこを避けて通れません。みなみさんがおっしゃるようなチームになれたら本当素晴らしいと思います。キャプテンは怪我だいたい大丈夫なようです。ありがたいことです。最近 全体的に怪我が治り、元気にプレーしてくれているのでそれだけでありがたい思いがしてしまっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人のために頑張れる生き方:

« シルバーウィーク | トップページ | バスケ談議 »