« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

六日目

全道大会前、中富良野での最終練習。
遠投。イメージシュート三分間。二人組でのシュート三分間。ストレッチ。インナーマッスルトレーニング。オールコートアーリーブレイク。ハーフコートタイミングドリル。三対三。


ここで一人大切な選手が怪我をしてしまいました(>_<) 念のため病院へ。大事にいたることはなさそうなのでとりあえずは安心しました。(>_<)フリースロー十連続イン。エンドラインスローイング。サイドラインエントリー。ハーフでのディフェンスとナンバープレー確認。オールコートのゲーム。クールダウン。
いよいよ明日、北見に出発です。三年目にして、選抜と審判以外でやっとの舞台です。頑張った子ども達に感謝。そして、全道大会に向けての育成会の方々のここまでの段取りに感謝です。本当に大変な準備だったと思います。ありがとうございます!
明日は、九時に中富良野出発です!

五日目 Wax

子ども達 9時から全ての教室に机や椅子などを運ぶ作業。先生や職員の方が夏休みに廊下や教室のWax掛けを行い、乾いたので戻す作業をしました。中富良野の子たち本当に一生懸命に頑張ります。素直だし、ご家庭での躾がしっかりしているんです。10時過ぎに終了。
その後、ウォーミングアップ。イメージシュート50イン。フリースロー。ハーフコートタイミングドリル。オールコートでのアーリードリル。
エンドからのスローイン練習。ロングパス練習。
クールダウン。
いよいよ明日が全道前最後の練習。怪我だけは、ありませんように。集中。

四日目 花畑牧場

四日目 花畑牧場
四日目 花畑牧場
四日目 花畑牧場
花畑牧場に行ってきたわけではありません笑
夕方に買い物公園にコンタクトレンズを買いに行き、その後西武デパートにちらっと寄りました。館内の放送で『ただいま地下におきまして花畑牧場の・・・』と聞こえました。『多分売り切れて何もないだろうな』と思いながら行ってみると・・
ごっそりありました笑
おそらく、本店を除いて、日本一の在庫です。
旭川凄いです。そして、生キャラメルアイスを頂きました。百人食べたとしたら、『まずい!』という人はまずいないでしょう。冷たいアイスに、温かな生キャラメル。いやー美味しかったです〓

夏休み三日目

本日、午前中は学校のワックス掛け。午後から、シューティングをした後に、中学生とのゲーム。
スピードにだいぶ対応できるようになりました。PGのともこは、この二回のゲームを通して、確実に何かを掴みました。ゆいかもよくなりました。パススピードが速いので、ヘルプポジションからのクローズアウトが中途半端になりましたが、全体的には、とてもよく頑張れるようになりました。
集中して取り組むことで、わけのわからないターンオーバーもほとんど見られませんでした。
バスケット的な動き(個人、ジョイント、タイミング)をこの夏にこつこつ積み上げていきたいと思います。

でかい!

でかい!
昨日飲んだビールです!普通のジョッキの三杯分。なんか最後の方は炭酸抜けてぬるくなってました笑
やはりビールは、中ジョッキ!(もしくは、よく冷えた陶器のグラスかな)

夏休み二日目

午前中は、忙しい中、重原先生に中富良野まできていただき、アウトサイドシュートの考え方、イメージの仕方などを教えていただきました。小学生は、吸収するのが速い。何人かは、とてもシュートがよくなりました。また、わかりやすい指導の仕方でとても勉強になりました!竜谷高校は、キシイカップの決勝どうだったのでしょうか?
途中から練習を育成会の方々にお願いし、北フェスの審判に向かいました。体育館、非常に蒸し暑く集中力の欠けたジャッジになってしまいました(>_<)反省です。
しかし、男子のガードの選手達の運動量。素晴らしい。チームのために頑張っているという姿勢が伝わりました。
明日は、午後から中学生とゲーム。スピードへの対応と慣れ。タイミング。

夏休みスタート

子ども達の夏休みのスタートです!(大人にはないに等しいですが笑)
午前中は、北フェスティバルを見に美瑛に行きました。大きな大会で勝ちきるのは、大変なことだなと感じました。それと同時に、旭川の向陵さんが、後半素晴らしい仕掛けを見せたのが印象的でした。
午後からは、中富良野中学校の新チームとびっちりゲームをしました。
先週の反省から、タイミングを合わせる、人と合わせることを中心に練習してきましたが、成果がありほっとしました。また、オフェンス、ディフェンス、いずれも力負けしない場面が多くなりました。もちろん中学生は、怪我をさせないように気を使ってくれていたと思いますが笑
この夏休み。六年生にとっては小学校生活最後の夏。自分が納得できるものにしてもらいたいです!

三連休

三連休、土曜日に向陵さん、士別南さんとゲーム。日曜日は、ラベンダー祭りを見込んでオフ。(悪天候で残念でした。)月曜日は、千代田さんとゲーム。
三日間の中でいろいろと思うことがありました。
鷲野監督の資料を読み、バスケの本を何冊か購入。
原点を忘れていました。。強固なディフェンスから、アップテンポな展開に持ち込むことが、今年のチーム作りのポイントで、チームの方向性です。それにプラスしなければならないのが(課題)適切なパターンプレーの準備。(すべてが自分達のプランで進まない。)


出会いは奇跡。いつか別れはきます。バスケットボールに一生懸命な子たちに、バスケットボールに一生懸命な子たちを逢わせたい。それが全道大会。バスケットボールを通しての出会い。今ここにいる自分もバスケットに一生懸命な子ども達に出会えている。バスケットボールが大好きな自分に出会えている。出会いは奇跡。別れがあるからこそ大切にしなければならない。

練習試合

この土日は、旭川で練習試合をさせていただきました。
土曜は、西御料池さんとゲームを行いました。怪我人が多く、実践的な練習は、ほとんどできていない現状の中でどのくらいできるのだろうという思いでした。
スピードのあるガードにやられるケース、単純なステップに膝がのび、シュートされるケース、あとは、パスミス、キャッチミスが物凄くたくさんありました。ゲームとして成立しているのか?という思いでした。それ以前のミスや対応でした。
ボールミート、アイフェイクなど一番大切な姿勢も不十分でした。収穫は、ミニゲームがとてもよくなっていることです。特に、三年生は一生懸命にやってやるぞという姿勢をゲームの中でだせるようになりました。
日曜日は、向陵小学校で、愛宕さんと緑が丘さんとの試合です。
愛宕さんとは、今年初の試合です。選抜でも一緒だった六年生が一人。後は下級生のチーム。
この六年生の子のブロックショットが凄い。NBAならタイトルとってます。ブロックショットのチャンピオン。一試合確実に五本以上はしてますね。バレーのアタックみたいでした。
試合のほうは、選手を交代しながら望みました。いい意味で誰がでてもバスケットにはなる形でした。ゲーム終盤にもブレイクがでて、最近取り組んでいる走り込みの成果も見られました。パスミスは減りましたが、イージーシュートミスが目立ちました。決める時に、決めなければ試合の流れはきません。特に、デイフェンスを頑張ったあとのシュートやナイスパスからのシュート。あの辺りを確実に決めないと上では戦えません。チームの疲労度が貯まってしまいます。普段からの意識ですね。自分の手から離れるシュートは、全てネットを通過させる気持ちで積み上げていくしかありません。
ミニゲームは快進の勝利で、昨日からの連勝を伸ばしました。
緑が丘さん。サイズ、体格に恵まれたチームです。アウトサイドシュートをおもいっきりよく放れたことが収穫でした。リバウンドの取り方の工夫が課題となりました。本格的にチップアウトの練習が必要だと思います。ミニゲームは、またもや快進の勝利。強いです笑
この三試合。オフェンス面でエースになるはずのりりあがうまく波に乗れないのが気になりました。能力は間違いなくピカ一です。なんとかリズムを取り戻してもらいたいです。能力勝負で思いっきりよくやることと、ディフェンスの状況を見ておいて、判断してプレーすることのバランスがうまくいってないのかもしれません。彼女には基本的にのびのび笑顔でプレーしてもらいたいと思っています。何か考えてあげたいと思います。

全道大会に向けて

全道大会の組み合わせが決まりました。願ってもないチームと対戦することができます。

さて,わがチームもミーテイングをしました。全道大会に出るとはどういうことなのかなどを僕が話したあと,キャプテンを中心に全道大会までの取り組み方や全道大会での目標などを決定させました。Img_2769さあ旭川代表として,様々なことで恥ずかしくない取り組みをしていこう!   

成功とは、結果ではない。

アンビリーバボーで、『もう一つの甲子園』を見た。胸を打たれた。
チームとは何か。努力とは何か。スポーツとは。
目標を追いかけることについて。一度きりの人生を生きること。十五分程度の特集だったがそれらの全ての要素がつまっていた。別次元の取り組みだった。本気で夢を追いかける時、避けることのできない残酷な現実がある。あまりに辛いことだ。しかし、本気でなければ絶対に経験できないこでもある。どんな環境でも、自分がなれるべき最高の自分になるよう、たゆまぬ努力をすることだけが成功なのだと改めて痛感させられた。そして、そこに残ったものこそが一生の財産だ。本気で生きたいと思う。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »