« 春季大会二日目 | トップページ | 受け止める »

夢。小学四年生の時。
担任の先生が、勉強が全くできなかった僕に、「ポートボールがとても上手だ。」、「道徳の授業での発表が素晴らしい。」と褒めてくれました。
その時から、「こんな先生になりたい。」と思っていました。(いつもは、めちゃくちゃ叱られました笑)
夢が、今叶っている立場にいます。あの時の先生のように、どれだけ子ども達を認めてあげられるだろうか。叱るのは、いつか褒めるため。真剣。どのタイミングでその子の成長を見つけ、褒めるかが問われる立場です。あの時の先生のタイミング。凄かったなぁ(>_<)
テクニックではなく、見つめる目が。

« 春季大会二日目 | トップページ | 受け止める »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 春季大会二日目 | トップページ | 受け止める »