« 音更そして今日 | トップページ | 春季大会一日目 »

一人の素晴らしい選手である前に一人の素晴らしい中富良野の子であれ

最近新しく中富良野に来られた先生や新しく担任になられた先生に「こども達が、とても真剣に取り組んでいて、びっくりしました。」、「授業もすごく頑張っているね。」という話しを聞くことができました。
素直にうれしいです。
少年団だけ、頑張っている子には絶対になってほしくないです。学校の日常生活をしっかり過ごせることが第一です。その上で、大好きなことに打ち込んでもらえればいいんです。
結果としての勝ち負けではなく、それまでの過程(学校での過ごし方、練習の取り組み方、)に全力を尽くし、「強いチーム」ではなく、「愛されるチーム」が目標です。バスケットの指導者としての僕は残念ながら三流以下です。そういう意味では、こども達や保護者の方に申し訳ないと心から思います。
しかし、その一方でこども達は十分に頑張っています。
素晴らしい中富良野の子として(^O^)

« 音更そして今日 | トップページ | 春季大会一日目 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 音更そして今日 | トップページ | 春季大会一日目 »