« 残り一ヶ月 | トップページ | 札幌遠征 »

やるべき事をやる

バスケットボールはまぐれがなく嘘のないスポーツです。 『楽しい』ことが何よりですが、相手がいる以上 『楽しい』だけの練習だけでは何も得られません。苦しいことを乗り越えなければなりません。 ただその苦しいことをやらされているだけでは、子ども達に生きていく力は付きません。
昨日も書きましたが『一生懸命にやることが楽しい』そういう心理 を伝えていく必要があります。
以前
指導者講習会で北都商業の遠山先生が『心理的限界』と『肉体的限界』について話しをしてくれたことがありました。
そのいずれをも高めて行く必要がありますが、 その子にとってどこまでが現時点での肉体的限界で心理的限界かをきっちり見定める必要があることを痛感しています。無理しすぎる子 自分でもうこれ以上できないと決めつけ泣き出す子。 その子 その子にあった指導で一生懸命さを引き出し壁を壊す作業を覚悟を決めて
行わなければなりません。甘えだけの取り組みでは、相応しい結果は訪れません。

« 残り一ヶ月 | トップページ | 札幌遠征 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094783/24411325

この記事へのトラックバック一覧です: やるべき事をやる:

« 残り一ヶ月 | トップページ | 札幌遠征 »