« 一日目④ | トップページ | ディフェンスの始まり »

「プロフェッショナル」を見て

NHKの「プロフェッショナル」が大好きでいつも見ています。先日,特集をやっていました。忘れないうちに勉強になったことを書きます。その道の一流の人たちの思考です。

① つらい時こそ笑顔で。楽しいと脳からホルモンが出される。そして笑う。その回路を利用して,笑うことで(口角をあげること)で脳からホルモンを出す。つらい時こそ笑え。

② 集中しているとはやるべきことに向かっている状態。集中へのスイッチを入れる動作を作る。そのことで,やるべきことをやる状態を作り出す。

③ モチベーションは,目標+目標を達成した時の報酬(お金,地位,喜び)を描けるかどうかできまる。どんな困難も乗り越えることができる人は,その流れが身に付いている人目標に対する報酬を得た喜びを知っている人である。

④ モチベーションを高めるには「褒めること」しかない。しかし人間は褒められ続けても喜びは感じなくなる。ずーーっと叱られ続け,一瞬「褒められたこと」が,自信になり,モチベーションが飛躍的に高まる。指導者は,「叱るのは,褒める準備をしているため」と認識することが大切。

⑤ 師匠をみつけろ。一流の人は師匠や尊敬する人の背中を見て成長し,技術を盗む。脳には,尊敬する人の姿を自分の姿に重ねる性質がある。そのことで,成長する。

« 一日目④ | トップページ | ディフェンスの始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「プロフェッショナル」を見て:

« 一日目④ | トップページ | ディフェンスの始まり »